恩師の訃報

高校時代に大変お世話になった河崎先生がなくなったとの連絡をいただく。

先生には塾で英語を教えていただき、そこで声をかけていただいて個人的に指導していただくようになった。
正直個人指導の費用は安くなく、両親にとってはかなりの負担だったろうと思うが、それを大きく超えるご恩をいただいた。
それまで常にクラスの真ん中くらいだった英語の成績はぐんぐんと伸びトップクラスへ。あわせて他の科目の勉強方法も指導いただいた。現役で東大に入れたのは河崎先生にであったからこそ。

高校卒業後もつねに可愛がっていただき、なにかというと声をかけていただいた。

3年ほど前から体調を崩され、静養のためにご実家がある熊本に引越しされた。いつか会いに行かなくてはと思いつつも機会がなく、つい3ヶ月ほど前に会社の出張に合わせてお目にかかることができた。すでに入院しての闘病をされていた時期だったが、わざわざ週末だけ退院してきていただき、数時間ながらお会いしてお話をすることができた。最後にお会いすることができて、本当に良かった。

先生、あんなに可愛がっていただいたのにろくに連絡もせず、すいませんでした。もっと頻繁に連絡を取るべきでした。どうか安らかにお休みください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree